名医のいる美容外科ならばれずに美容整形を受けることができる

バレるリスクが低くなる!切らない脂肪吸引や豊胸のダウンタイムについて

美容整形でバレるリスクが高まる「ダウンタイム」の知識

手軽に受けられるメスを使わない美容整形でも、施術後にダウンタイムが生じるものはありだいたい3種類に分かれます。

ダウンタイムの種類

①痛み
美容整形では痛みを伴う手術はたくさんあります。切ったりすれば痛いのは当たり前と思う人もいると思いますが、美容整形の後の痛みはダウンタイムが必要です。また、メスを使わない美容整形でも痛みのダウンタイムが患部を突き刺すような痛みを感じることもあります。
②腫れ
施術を受けた患部が赤く腫れ上がったりするもので、二重整形などによく見られるものです。患部が腫れてしまうことにより、見た目が大きく変化したり日常生活に支障が出たりすることもあるので、ダウンタイムの時間を考慮しておく必要性が高いです。
③内出血
主に脂肪吸引や顔周りの整形に見られるのが内出血。内出血は、切らない脂肪吸引やプチ整形でも起こる可能性があり、2週間ほどアザができた状態のままになることもあります。ただし、内出血の度合いによっては、メイクアイテムでカバーできるものもあります。

ダウンタイムで生じる内容は施術箇所や内容によって変わります。先に美容外科の医師に確認した上で美容整形を受けることが大切です。

施術部位別・ダウンタイムの特徴(脂肪吸引)

稀に青あざのような内出血が見られることがあり、腫れによって顔が大きく見えることがあります。腫れは術後2.3日で消えてメイクも普通にできますが、その後に患部のむくみが出ることもあります。完全にダウンタイムをすぎるのはおおよそ15日前後で、腫れが消えるまではマスクを活用される人が多いです。
二の腕
術後すぐは、二の腕から手の甲まで腫れを感じるためサポーターなどの圧迫グッズを使用します。そのため、日常生活で手や腕を動かす際に支障が出ることもあるでしょう。また、14日目以降につっぱり感を感じることがあるため、手や腕の運動をしながらダウンタイム時間の短縮を行ないます。
お腹
二の腕と同じく、術後は圧迫グッズを使用します。他の箇所と比べると施術範囲が広いこともあり、腫れや痛みなどを感じやすいでしょう。特に美容外科から処方された鎮痛剤は欠かせないこと、圧迫グッズの影響でトイレがしづらいことなどがあり、2.3日は安静に過ごすことが必要とされます。
太もも
痛みが強いと言われているのが太もも。動作をするのはもちろん、静止していても痛みを感じるケースがあり鎮痛剤を使用してコントロールする必要性が高いです。また、腫れとともに内出血も出やすい箇所で、見た目には痛々しく感じられるところでしょう。だいたい7~14日前後で痛みや内出血が引いてきて日常生活を送れるようになります。

施術を受ける箇所別のダウンタイム期間、特徴を把握しておくことにより術後のスケジュールが立てやすくなります。特に仕事をしている人は、休みなどを調整してうまくダウンタイムを克服するのがポイントです。

美容外科で行なうダウンタイムの対処法

医者

ダウンタイムは、人によって痛みが出やすい・出にくいパターン、腫れや内出血が出やすい・出にくいパターンがあります。それぞれの克服方法はありますが、いつもとは違う症状によって体調を崩したり気分が憂鬱になったりすることもあるでしょう。ここは美容外科のアドバイスはもちろんのこと、ダウンタイム期間を快適に過ごすために役立つ方法を覚えて対処しましょう。

ダウンタイム時に使用する処方薬

鎮痛剤
患部の痛みが気になる時に使用する鎮痛剤は、施術箇所や痛みの度合いによって変わります。例えば、脂肪吸引の場合、「ロキソプロフェンナトリウム錠」という内服薬を処方されることがほとんど。薬の即効性は30分ほどで4時間~7時間くらい効果が持続します。対して豊胸手術の場合、「ジクロフェナク座薬」という座薬タイプで通常の内服薬よりも沈痛作用が強く効き目が早いのが特徴。薬の即効性は挿入後15分ほどで6時間~8時間くらい効果が持続します。ただし、鎮痛剤を使用する際は、副作用のリスクもあるので用法や用量を守った上で副作用の影響も考慮しながら服用しましょう。
軟膏・クリーム
目立ちやすく周りにバレやすい腫れや内出血の対処としては、美容外科でも処方される軟膏やクリームを使用します。基本的に腫れや内出血は自然に解消されるものですが、バレないように早く治したいのであれば軟膏やクリームを使用するのが良いでしょう。よく処方されるのがヘパリン類似物質のヒルロイドクリーム0.3%で、保湿、血行促進、傷跡修復の効果があり、副作用がほとんどなく安全に使用できます。軟膏やクリームを使用する時は、患部に直接塗布しないように使うので全体に伸ばしながら使用するのがポイントです。

美容外科のなかには、患者側から依頼しないと鎮痛剤や軟膏・クリームを処方していないところもあります。ですから、事前のカウンセリングでダウンタイムの詳細を確認する際に処方を受けることができるかどうかを聞いておくと良いしょう。また、既に使用している処方薬があれば、医師に申告してから併用することをおすすめします。

TOPボタン